HOTな最新ビジネス情報をお届けします


by apls
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

復興の兆し

にわかに復興の兆しが見えてきました。復興費は数十兆円との試算ですが、もしかすると、国家予算に匹敵する額になるやもしれません。巨額をいかに捻出するか、国全体が大きな試練に立たされています。今こそ意を決して、それぞれに課せられた経済的役割に専心すべき時かもしれません。

義援金、緊急支援物資の供給、ライフライン、インフラの復旧、瓦礫の撤去、原発問題ほか、課題は山積しています。そんな中、最も効果的な復興策があるとすれば、それはGDPの底上げではないか、端的に言い換えれば、惨事を嘆いて自粛するより、国全体が総力を結集して働き、集めた税金を無償支援に充てることです。

部品が調達できず生産を停止している工場、計画停電を強いられ仕事がはかどらない企業も多いと聞きます。しかし不自由はあれども、津波にさらわれた被災地に比べれば天と地ほどの違いです。一日も早い復興を願い、日本経済の立て直しに国民が一丸となって励みたいいものです。

「東北地方太平洋沖地震」にて犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by apls | 2011-03-30 18:53 | アプルス事務局からお知らせ